日経インターネットソリューション 2001/05号

特集1 第3部<Webサービスの時代が始まる> より使いやすいサービス構築へ
電子封筒で前後処理を可能に プラグ&プレイも実現へ
より使いやすいサービス構築へ

Webサービスは,最小限のシステム変更で,より多くのWebサイトから利用してもらいたい。このとき,人手を介すことなくシステム同士が連携し,自動的に必要な処理を実現できることが理想である。そのためには,XML(拡張可能マークアップ言語)を使うだけでは不十分。(136〜141ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9697文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > Webサービス
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > Webサービス
update:19/09/25