日経コンピュータ 2001/04/23号

フォーカス
CMMにつきまとう三つの懸念
政府調達への採用で注目集める

頻発するシステム・トラブル,開発期間やコストの大幅な超過といった問題が相次ぐ中,ソフト開発の品質管理基準「CMM」が脚光を浴びている。日本IBMや東芝,NEC通信システムなどCMMの認定を得る企業が相次ぎ,政府もシステム調達の入札基準にCMMを採用する見通しだ。だがCMMがソフト開発における問題を抜本的に解消する救世主になるかどうかは不透明な要素が多い。(48〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8143文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 規格・法令(情報システム) > 情報システム関連の規格・法令全般*
ビズボードスペシャル > 法令 > 情報システム関連の規格・法令全般*
【記事に登場する企業】
NEC通信システム
東芝
日本IBM
update:19/09/24