日経コンピュータ 2001/05/07号

ニュースレポート
「システム共同化の上を行く」 地銀7行がビジネスの仕組みまで統一

 八十二銀行,琉球銀行,親和銀行,山形銀行,阿波銀行,宮崎銀行,関東銀行の地方銀行7行は,情報システムの共同化を進めるにあたって,各行の扱う金融商品や事務処理の手順といったビジネスの仕組みまで極力,統一していく方針を固めた。7行もの銀行がここまで踏み込んで共同化を進めるのは初めて。 「今回,我々が狙うのは単なる情報システムの共同化ではない。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1493文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
阿波銀行
親和銀行
八十二銀行
宮崎銀行
山形銀行
琉球銀行
update:19/09/24