日経コンピュータ 2001/05/07号

特集 ITプロフェッショナルを襲う心の病 対策
対 策会社も社会も頼れない 自分の身は自分で守れ

 ITプロフェッショナルが置かれている厳しい状況を放置すれば,結局は生産性や品質の低下として会社にはね返ってくる−。このことに気づき,対策に乗り出している企業もある。現場のマネジャを専任の相談係に その1社が日本ヒューレット・パッカードだ。心の病の防止を重要課題と位置づけ,1998年に「デディケイテッド・カウンセラー(DC)」と呼ぶ専任スタッフを置いた。(65〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8149文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 精神の疾患
【記事に登場する企業】
日本ヒューレット・パッカード
update:19/09/24