日経コンピュータ 2001/05/07号

eプレイス eビジネスの落とし穴
eビジネスの落とし穴
eマーケットプレイスを巡る誤解 桑原  里恵[札幌スパークル,システムコーディネータ]

 BtoBへの関心が急速に高まったのは,海外のeマーケットプレイス構築例が矢継ぎ早に報道されたことがきっかけだった。特に,買い手側の大手企業が自ら運営事業に参画し,「調達の過半を移行する」姿勢を示したことで,eマーケットプレイスはリアル企業の重要戦略として一気に認知された。 しかし,現状を見るとeマーケットプレイス上の取引量は,市場全体のわずかでしかない。(84ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1796文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 調達・購買システム > マーケットプレイス*
【記事に登場する企業】
札幌スパークル
update:19/09/24