日経コンピュータ 2001/05/21号

システムレポート
北陸銀行 営業店向けの情報系システムを刷新 個人営業強化に向けて顧客データベースを拡充

 有力地銀の北陸銀行は営業店向けの情報系システムを刷新し,4月から利用を始めた。顧客の属性や取引履歴などを格納したデータベース・サーバーを営業店ごとに設置したことが特徴。各営業店の担当者がこの顧客データを参照・分析することで,「店舗の地域特性や,顧客一人ひとりのニーズに合わせた営業活動をする」(山岸新一総合事務部上席推進役)のが狙いだ。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1290文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > その他(金融・保険)
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > 営業支援システム > その他(営業支援システム)*
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
北陸銀行
update:19/09/24