日経コンピュータ 2001/05/21号

強い企業のシステム戦略
急増する海外拠点のシステムを統一へ 「R/3」を導入し経理業務の省力化を図る
ミツバ

自動車電装品メーカーのミツバは,取引先の拡大や海外への進出によって順調に業績を伸ばしている。しかし,拠点ごとにシステムが異なり業務改革を進められないという悩みも持っていた。そこでミツバはシステムの共通化を決定,統合業務パッケージ「R/3」を本社およびグループ各社に,2000〜2004年の5年計画で導入している。(164〜168ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5607文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ミツバ
update:19/09/24