日経コンピュータ 2001/05/21号

BOOKS 戦略的ERPの実践
戦略的ERPの実践

 「ERP(統合業務パッケージ)は,十分に普及したわけではないのに,普及率の伸びが鈍化している。導入効果を疑問視する向きも多い。そんな今だからこそERPの意義を考え直し,正しく伝えるべきと考えた」。アクセンチュアの現役コンサルタントである著者は,本書の執筆動機をこう語る。 さらに「ERPは経営の不透明さやあいまいさを排除し,古い企業の体質を改革するのに貢献する。(228ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:388文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
【記事に登場する企業】
アクセンチュア
東洋経済新報社
update:19/09/24