日経マイクロデバイス 2001/06号

特集 Part2
ソニー●生産性4倍,コスト1/2へ 300mm化や「ミニライン」化を実施

 世界ナンバー・ワンの理想工場の実現を目指し,高温多結晶Si—TFT液晶パネルとCCDという映像デバイス向け量産ラインを建設している(図13)。「九州で世界と勝負する」をキャッチ・フレーズに,従来に比べて生産性で4倍,コストで1/2を達成する(図14)。このような工場を現在建設中であり,製造装置を2001年7月に搬入し,10月に稼働させる計画である。(69〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2512文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ソニー
ソニーセミコンダクタ九州
update:19/09/26