日経マイクロデバイス 2001/06号

技術レター[LSI製造&LSI設計]
クロストーク解析と 静的タイミング解析を 米Synopsysが統合

 0.18μm以降のシステムLSI設計で問題になっているシグナル・インテグリティの解決を目指し,米Synopsys, Inc.が静的タイミングとクロストークの解析機能を統合させた。同社の静的タイミング解析ツール「PrimeTime」向けの組み込み製品として,クロストーク解析ツール「PrimeTimeシグナル・インテグリティ(PrimeTime—SI)」を販売,個別に解析する場合より精度を向上している。(29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:360文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
クロストーク
米シノプシス社
update:19/09/26