日経コンピュータ 2001/06/04号

実践ITマネジメント
電子商取引の推進のために継続的な議論が不可欠 電子署名法が抱える五つの課題

去る2001年4月1日に,「電子署名及び認証業務に関する法律(電子署名法)」が施行された。この法律は,電子商取引の推進を目的として制定されたものであり,今後の円滑な運用によって所期の目的を達成することが望まれる。本稿においては,電子署名法の概要を諸外国における動向も交えて解説するとともに,それらを踏まえた上で電子署名法が抱える五つの課題について述べる。(188〜193ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9395文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > ユーザー認証・電子署名技術
update:19/09/24