日経ヘルスケア 2001/06/08号

特集2 進化する訪問看護ステーション ケース3 
起業ナースの先駆け、医師との連携で利用者増
ケース3

 一看護婦が病医院から独立して、訪問看護活動を行っているケースもある。以前、こうした“起業ナース”が行っていた訪問看護は、医療保険の給付対象とならず、全額、利用者の自己負担でやらなければならなかった。ところが2000年4月からは、介護保険の下で保険適用サービスとして実施できるようになった。(35〜36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2025文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 新会社・新団体・起業
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
【記事に登場する企業】
訪問看護ステーションきらくな家
update:19/09/27