日経ヘルスケア 2001/06/08号

IT活用最前線 患者情報照合システム
バーコード読み取りで 注射や点滴のミスを防止
患者情報照合システム

 患者や薬剤の取り違えを防ぐため、バーコードを利用した照合システムを導入する病医院が増えている。緑成会・横浜総合病院(横浜市青葉区)では看護婦が携帯端末を使用し、投薬時に患者と薬剤のバーコードを照合して投薬ミスを防止している。食品メーカーが開発し、サラダ用ドレッシングの工場で実績を上げたシステムを医療現場に応用したユニークな試みだ。(119〜121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2973文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
緑成会横浜総合病院
update:19/09/27