日経コンピュータ 2001/06/18号

ニュースレポート
BtoBの“本命”がついに始動 ロゼッタネットに賭けるパソコン業界

 NEC,富士通などパソコン関連の大手メーカー6社は6月,業界団体ロゼッタネットジャパンが定めた標準仕様による部品取引に乗り出した。各社は同仕様に基づく企業間電子商取引(BtoB)を順次拡大する。生産規模で勝る海外勢と競争するには,業界を貫くサプライチェーンの構築が不可欠と判断した。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1377文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 調達・購買システム > その他(調達・購買システム)*
【記事に登場する企業】
インテル
NEC
ソニー
東芝
日立製作所
富士通
ロゼッタネットジャパン
update:19/09/24