日経コンピュータ 2001/06/18号

トレンド
無線LAN内蔵ノートが充実
デルに続き,IBM,コンパック,東芝も参入

ノート・パソコンの主要メーカーが,無線LAN機能を「内蔵」した製品を続々と出荷し始めた。この分野ではデルコンピュータが先行していたが,日本IBMやコンパックなどが次々に市場に参入した。無線LAN用のPCカードを本体に装着していた従来製品に比べて,持ち運びやすく,拡張性を損なわない,といった利点がある。(34〜36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3416文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
デル
東芝
日本IBM
update:19/09/24