日経コンピュータ 2001/06/18号

強い企業のシステム戦略
SCMシステム構築で勝ち残りを目指す 「Webサービス」を全面採用
稲畑産業

専門商社の稲畑産業は,2002年3月にSCM(サプライチェーン管理)システム「グローバル・ロジスティック・システム」を全面稼働させる。顧客である製造業と倉庫会社,仕入先の部材メーカー,物流会社を結び,必要な部材をジャスト・イン・タイムで顧客に納品可能にする。「商社不要論」の声も出るなか,新システムで勝ち残りを目指す。(186〜190ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6650文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > Webサービス
情報システム > 基幹業務システム > SCM(サプライチェーンマネジメント)*
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > Webサービス
【記事に登場する企業】
稲畑産業
update:19/09/24