日経マイクロデバイス 2001/07号

解説[LSI設計]
システムLSIで覇権狙うTSMC 国内大手とは逆の総合志向と自前主義へ
Siファウンドリの新ビジネス戦略

 Siファウンドリが,総合志向と自前主義へ向かい始めた。この典型例が,台湾Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.(TSMC)である。同社は,IP (intellectual property)を利用したシステムLSIに関し,設計から製造までを総合的に請け負うビジネスを2001年から本格化させる(図1)。(131〜138ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7296文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
【記事に登場する企業】
台湾・タイワン・セミコンダクター・マニュファクチュアリング社
update:19/09/26