日経コンピュータ 2001/07/02号

インタビュー
2番手企業では成長できない 事業の絞り込みで「世界一」を目指す
沖電気工業社長 篠塚  勝正氏

「できれば『世界一』,悪くても『世界で一流』の事業でなければ,当社が続ける価値はない。ニッチ(狭い分野)でよいから,マスター(支配者)やリーダー(主導者)を目指せ」。社長就任後3年で,沖電気工業の経営立て直しに成功した篠塚勝正社長は,社内に檄を飛ばす。企業規模で劣る同社が競争に勝ち抜くためには,「得意分野をいっそうはっきりさせる必要がある」と判断した。(72〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3689文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
OKI(沖電気工業)
update:19/09/24