日経ヘルスケア 2001/07号

私の転機
病院経営を巡り父と葛藤 患者や地域から励まされる
稲庭 千弥子

 今でこそ、精神疾患患者の社会復帰支援、痴呆性老人グループホーム、病院ボランティアなどの分野で名前が知られるようになった久幸会だが、1990年には一時期、病院の存続すら危ぶまれる状態に陥った。 私は81年に川崎医大を卒業するとすぐ、父が経営する今村病院で働くようになった。(3ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1536文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
【記事に登場する企業】
秋田大学
久幸会
update:19/09/27