日経ヘルスケア 2001/07号

特集1 病棟再編成時代 様変わりする地域の医療機 第二部 ケアミックスの実際−2
整形外科中心の回復期リハ病棟 患者の大半は自院の一般病棟から
みどりヶ丘病院 (大阪府高槻市)

 大阪府高槻市にある医療法人祐生会・みどりヶ丘病院(八谷孝院長、329床)が、一般病棟を転換して回復期リハビリテーション病棟を開設したのは、2000年9月のことだ。一般病棟279床のうち53床を回復期リハビリ病棟にし、現在は一般病棟226床、回復期リハビリ病棟53床、医療保険療養型50床という構成になっている(図6)。(34〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2735文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27