日経ヘルスケア 2001/07号

介護サービス
福祉用具貸与で成功する条件 在庫不要のレンタル卸の活用も
自社購入事業者では共同購入の試み始まる

 介護保険の施行を機に、福祉用具の利用者への供給形態はレンタルが中心になった。事業者は顧客に貸し出す福祉用具を在庫として抱えることになったが、適正在庫の見極めが難しく頭を悩ませている。レンタル卸の活用で在庫リスクの軽減を図る動きが広がる一方、大手事業者の中には、共同購入でスケールメリットを追求する例も出始めた。(65〜68ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5450文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
医療・バイオ > 看護・介護 > 看護・介護機器
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
update:19/09/27