日経ヘルスケア 2001/07号

病院経営セミナー
ダイオキシン規制に対応した 感染性廃棄物の処理対策

 病院から排出される廃棄物の中でも、感染性廃棄物は1991年の廃棄物処理法の改正により、特別管理廃棄物とされ、厳格な処理が求められるようになった。さらに、2000年からはダイオキシンの排出規制も強化され、医療廃棄物の院内での焼却は困難な状況となっている。 今回は、岡山大学環境理工学部教授の田中勝氏に、こうした法改正の動きとそれらへの対応について解説してもらった。(96〜100ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5321文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
【記事に登場する企業】
岡山大学
update:19/09/27