日経コンピュータ 2001/07/16号

特集 インターネット・ビジネス実態調査 「微増
「微増」のBtoB,「踊り場」のBtoC
インターネット・ビジネス実態調査

 ブームが去り撤退する企業が出る一方で,地に足がついた取り組みが本格化している−本誌が日経マーケット・アクセスと共同で2001年5月に実施した「インターネット・ビジネス実態調査」では,消費者向け電子商取引(BtoC)に取り組む企業が,前回調査(2000年5月)に比べ減少するという結果になった。企業間電子商取引(BtoB)も増えはしたが,増加率はわずか。(52〜54ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:672文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(その他) > その他(個人向けインターネット接続インフラ)
update:19/09/24