日経コンピュータ 2001/07/16号

特集 インターネット・ビジネス実態調査 「微増 第3部
BtoC
製造業で取り組みが減少したBtoC 基幹系システムとの連携は順調に進む

 BtoCに取り組む企業が5.8ポイント減−2000年に日本を襲った“ネットバブル崩壊”。2001年5月に実施した今回の調査では,その影響がBtoCの取り組み状況に如実に表れた。取り組む企業が減っただけではない。「成果が上がっている」とする企業も,BtoBより14.7ポイント少ない,41.6%にとどまった(56ページの図1−3)。(66〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6468文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(その他) > その他(個人向けインターネット接続インフラ)
情報システム > 基幹業務システム > プロジェクト・工程管理・生産管理システム
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
update:19/09/24