日経コンピュータ 2001/07/16号

特集 インターネット・ビジネス実態調査 「微増 第5部
座談会
“ネットバブル崩壊”はプラスに働く 中小企業の遅れが最大の懸念材料

インターネット・ビジネスの現場で,企画やコンサルティング,システム開発に取り組んでいるプロフェッショナルたちは,今回の調査結果をどう見るのか。あるいは“ネットバブル崩壊”後のインターネット・ビジネスの現状や将来をどう考えているのか。5人のプロを招き,調査結果に関して議論してもらった。(76〜81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8894文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(その他) > その他(個人向けインターネット接続インフラ)
update:19/09/24