日経コンピュータ 2001/07/16号

新製品ファイル
メインフレーム・ハード パラレルACOS i−PX7800 NEC
プロセサ性能を2.5倍に高めたメインフレーム

 従来比2.5倍の性能を持つCMOSプロセサ「NOAH−5」を2〜32個搭載できるメインフレーム。1台のマシンを最大16区画に論理分割し,独立して稼働させる機能を備える。OSは64ビット・アーキテクチャの「ACOS−4/i−PX」。従来のOSと互換性があるので,既存のアプリケーションをリコンパイルせずに移行できる。このほか,他のシステムとの間でXMLデータをやりとりできるソフトを用意。(177ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:349文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > エレクトロニクス製造技術・装置
情報システム > コンピュータ本体 > メインフレーム・スーパーコンピュータ*
【記事に登場する企業】
NEC
update:19/09/24