日経コンピュータ 2001/07/16号

ITプロが知っておくべき 特許と法律
プロバイダの法的責任

 ネット上で違法・有害な情報(わいせつ・名誉毀損・著作権侵害など)が流通した場合,インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)などの情報仲介者はいかなる法的責任を負うのか。この問題については従来からさまざまな議論があったが,昨年末に旧郵政省などの報告書がまとめられ注1),現在法制化に向けた検討が行われている。(216ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1721文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(その他) > その他(個人向けインターネット接続インフラ)
update:19/09/24