日経ホームビルダー 2001/08号

特集 近未来の住宅事件簿 「説明能力」がトラブル防止の鍵
「説明能力」が トラブル防止の鍵

 住宅会社と施主の間の建築紛争には特徴がある。片方が知識を一方的に持っていることだ。施主との間で不具合や基準に関する考え方に違いが出やすく、施主の知識不足や誤解がトラブルに発展するケースも多い。 住宅紛争に詳しい犬塚浩弁護士によると、瑕疵に関する相談では第3者の設計者などが不具合の原因を説明すれば、7、8割の施主が納得するという。(56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1204文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27