日経コンピュータ 2001/07/30号

トレンド
ADSL業界に“ヤフー・ショック”
採算に疑問を抱きながらも,次の一手を準備

ヤフーが突如発表した「8Mビット/秒で2280円」のADSLサービスに最も驚いたのは,ほかでもない既存のADSL事業者だった。NTT東西地域会社の独り勝ちかと思われたADSL業界は,ヤフーの登場に戸惑いを隠せないでいる。既存事業者はヤフーの収益性や技術に疑問を呈して,当面は静観の構えだが,値下げや高速化など,次なる戦略を打ち出しつつある。(30〜32ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4229文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(有線ブロードバンド) > xDSL接続サービス*
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ > xDSL接続サービス*
【記事に登場する企業】
NTT西日本
NTT東日本
スピードネット
ヤフー
update:19/09/24