日経コンピュータ 2001/07/30号

強い企業のシステム戦略
業態に合わせて二つのIT戦略を活用 アウトソーシングで3000万円削減
マルシェ

全国に約800店を展開する居酒屋チェーン「マルシェ」。顧客層や立地条件に合わせて多様な店舗を運営している。同社のIT(情報技術)戦略の特徴は,業態の違いに合わせて“使い分け”をしていること。多店舗展開する主力事業に対しては,「コスト削減」を重視し,物流システムを全面アウトソーシング。一方,対象顧客を絞った新業態については,「最適な食材調達」を重視。(210〜214ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6002文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
【記事に登場する企業】
マルシェ
update:19/09/24