日経コンピュータ 2001/08/13号

特集 日本の巨大システム 押し寄せる大量データ
日本の 巨大システム
押し寄せる大量データとの闘い

 「日本で最も大きい情報システムは何か」。これは難問である。何をもって情報システムの規模とすべきかが定かではないからだ。本誌は,「トランザクション処理」,「Webアクセス」,「保有データ」,「パッケージを利用したシステム」の4分野について最大規模の情報システムを探索した。その結果,郵便貯金,三井住友銀行,ヤフー,社会保険庁といった巨大システムが浮上した。(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:308文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
社会保険庁
三井住友銀行
ヤフー
update:19/09/24