日経コンピュータ 2001/08/13号

特集 日本の巨大システム 押し寄せる大量データ 保有データ
10数テラバイトを がっちり管理

毎秒のオンライン・トランザクション処理量はそれほど多くないが,保有するデータ件数が膨大という,いわば巨大バッチ・システムが存在する。代表例は,社会保険庁の社会保険オンラインシステム。その総記録件数は実に2億8000万件。セブンーイレブン・ジャパンの新本部POS情報システムは,毎日3000万件を超える売り上げデータを,全店舗から転送,集約している。(66〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5692文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
社会保険庁
update:19/09/24