日経コンピュータ 2001/08/13号

危機からの脱出
Linuxで高炉制御システムを構築 処理速度と信頼性の確保に腐心
新日本製鉄

 Linuxサーバーは,Webサーバーから,ビジネス・アプリケーション用サーバーへと,その適用範囲を広げている。しかし,製鉄会社の高炉のプロセス制御に採用した例となると,新日本製鉄君津製鉄所の新システムが世界で初めての取り組みになる。(125〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3534文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 金属材料
情報システム > サーバーOS > Linuxサーバー
ビズボードスペシャル > 素材 > 金属材料
【記事に登場する企業】
日本製鉄(旧・新日鉄住金)
update:19/09/24