日経SYSTEMS 2001/08号

オープンレポート 解説
解説●Webサービスの 理想と現実
製品対応が始まるもギャップは大きい, 企業システムへの適用には課題が山積み

米Microsoftや米IBMといった大手ベンダーが次世代戦略の目玉としてWebサービスへの対応を打ち出している。ただ,Webサービスはまだ発展途上の段階にあり,トランザクションやセキュリティなど企業システムで利用するための課題は多い。Webサービス対応自体はそれほど難しくないため,まずはその仕組みやメリットを理解しておけばよいだろう。(92〜95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5691文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > Webサービス
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > Webサービス
【記事に登場する企業】
米IBM社
米マイクロソフト社
update:19/09/24