日経コンピュータ 2001/08/27号

インターネット時代のリスクと対策
廃棄物は情報を消去し破壊せよ
情報漏えいのリスク(2)

情報機器は更新や故障による交換の際に,古い部品が廃棄物となる。このうちハードディスクや光ディスクなど使用済みの記録媒体は,中に含まれる情報が再生可能なので,そのまま廃棄すれば悪意の第三者にとって機密情報を得るための格好の標的になりかねない。これを防ぐには,中の情報を消去するとともに,物理的に再利用不可能な形に破壊して捨てることが必要だ。(174〜177ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5689文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
【記事に登場する企業】
KDDI研究所
update:19/09/24