日経マイクロデバイス 2001/09号

新紀年企画[LSI製造][FPD] 前半
カーボン・ナノチューブを利用した 32型,38型FEDを2004年に量産へ

 われわれはカーボン・ナノチューブ(carbon nanotubes:CNT)本誌注1)を電子放出エミッタとして採用した大面積,フルカラーのFED(field emission display)「c—FED」の試作に成功した(図2)。家庭向けの大画面テレビとして有望な技術と考えている。(90〜97ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8472文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > その他(ディスプレイ製品・技術)
車・機械・家電・工業製品 > ナノテクノロジー > その他(ナノテクノロジー)
【記事に登場する企業】
韓国・サムスンSDI社
update:19/09/26