日経コンピュータ 2001/09/10号

ニュースレポート
SAPがR/3を“構造改革” 中核部分を分離,機能変更を容易に

 ERPパッケージ「R/3」の内部構造が,次期バージョンから大きく変わる。ソフトウエア全体を制度変更などによる機能追加や変更が予想される部分と,機能が半ば固定している部分の二つに分割し,それぞれの独立性を高める。機能の追加や変更に伴うユーザー企業の負担を減らすのが目的だ。 SAPジャパンは来年6月までに,次期バージョン「R/3 Enterprise」を出荷する。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1476文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
SAPジャパン
update:19/09/24