日経コンピュータ 2001/09/10号

インタビュー
今後の発展分野はモバイルとIP 全力で新しい事業モデルを切り開く
KDDI社長 小野寺  正氏

日本電信電話の無線技術者から第二電電(DDI)に転じて17年。53歳にしてKDDIの社長に就任した小野寺正氏は,とりわけ技術への思い入れが強い。しかし同社の将来を考えれば,「全力で,新しいビジネスモデル,新しい価値を生み出す事業を組み立てなければならない」と強調する。背景にあるのは,「インフラの提供事業だけでは,現在の社員を養えなくなる」という強い危機感だ。(66〜68ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3865文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
NTT
KDDI
update:19/09/24