日経ホームビルダー 2001/10号

焦点
大地震を想定した被災家屋の応急補強訓練を実施 車のジャッキで傾いた家を起こす

 静岡県と富士宮市は大地震を想定した応急危険度判定と、被災した戸建て住宅の応急補強模擬訓練を実施した。 訓練に使ったのは、建て替えのために取り壊す予定だった木造平屋建ての市営住宅。重機でいったん10分の1程度傾け、これを復旧した。軒桁部分に斜めに角材を当て、その脚部にジャッキを仕込んで立ち上げていく作戦だ。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:750文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27