日経インターネットソリューション 2001/10号

特集2 電子透かしの可能性を探る
電子透かしの可能性を探る
耐性が高まり用途が拡大, 改ざん検出や不正コピー防止にも

電子透かしの可能性が広がっている。静止画や動画などのディジタル・コンテンツに,わからないように情報を埋め込むのが電子透かしである。すでに実用化されているが,技術開発が進み用途が広がっている。MP3のような圧縮フォーマットへの対応を強化したり,コンテンツに手を加えても電子透かしが簡単には消えなくしたりする技術の開発が進んでいる。(85〜93ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:11663文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止*
update:19/09/25