日経コンピュータ 2001/09/24号

ニュースレポート
米テロ事件でベンダーが支援策 IBMやHPは代替システムを無償で提供

 米国で9月11日に発生した未曾有の大規模テロ事件。この被害からの復旧を支援する動きが,ITベンダーの間で広がっている。米IBMや米HP,米EMCなどの大手ベンダー各社が代替製品の無償提供を相次いで始めた。一方,米国からの製品供給の先行きを懸念する国内ベンダーも多い。 「社員とお客様の安全確保,そしてシステムの復旧に全力を尽くそう。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1629文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
米IBM社
米Dell EMC社
update:19/09/24