日経コンピュータ 2001/09/24号

特集 アウトソーシング,成功の秘訣 二人三脚で 成功の秘訣
アウトソーシングに王道なし 数値目標を定めて改革を続けよ

 アウトソーシングの本質は,ユーザーとベンダーが切磋琢磨をして,ユーザーの情報化プロセスを改革し続けることにある。実際,アウトソーシングを利用しているユーザーはすべて,何らかの見直しを実施している(53ページの表参照)。 アウトソーシングのプロセスは大きく三つに分かれる(図6)。第一は,アウトソーシング,すなわち情報化プロセス改革の枠組みを決めることである。(50〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7354文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
update:19/09/24