日経マイクロデバイス 2001/10号

ブレークスルー
次は並列プロセサの基幹技術に挑む
DSPの設計コンテストで受賞

 日本テキサス・インスツルメンツは,8月24日に世界各国の大学生/大学院生を対象にした「TI DSP&アナログ・チャレンジ2000」の受賞校を発表した。武蔵工業大学は世界グランプリを逃したものの,合計241校の中から絞り込まれた15校の優秀校に入った。大学院生の山下直人氏が応募したDSPの制御プログラムが技術的に高いと認められたのである。(3ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1102文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
【記事に登場する企業】
東京都市大学
日本テキサス・インスツルメンツ
update:19/09/26