日経マイクロデバイス 2001/10号

技術レター[LSI設計&パッケージ]
PCインタフェースは シリアルに,米Intelが 3方式を開発中

 米Intel Corp.の副社長兼デスクトップ・プラットフォーム事業本部長であるLouis Burns氏が,現在開発しているパソコン(PC)の三つのシリアル・インタフェース仕様について,米国サンノゼで開催した「Intel Developer Forum(IDF) Fall 2001」で明らかにした。「Third Generation I/O(3G I/O)」,「USB 2.0」,「Serial ATA」である。(33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:643文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > その他(通信・インターフェース技術・規格・プロトコル)*
【記事に登場する企業】
米インテル社
update:19/09/26