日経マイクロデバイス 2001/10号

μレポート[LSI製造]
システムLSI量産技術の 二つの開発プロジェクト 東北大学で本格始動
エネルギー使用量を60%削減へ

システムLSIの量産技術を開発する二つのプロジェクトが東北大学で具体的に動き出した。一つは,「HALCA」と呼ぶプロジェクトで,この9月に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が助成を決定し,本格始動の運びとなった。もう一つは,「DIIN」と呼び,HALCAよりも将来を見すえた技術開発を行う。いずれも東北大学教授の大見忠弘氏がプロジェクト・リーダーを務める。(145〜146ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2199文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
【記事に登場する企業】
新エネルギー・産業技術総合開発機構
DIIN
東北大学
update:19/09/26