日経マイクロデバイス 2001/10号

産業ウオッチャ
PDPの年末商戦 国内大型テレビ市場の 10%を狙う

 日本国内で2001年末商戦に向けてPDPテレビの商品展開が活発化,一挙にハイエンドCRTテレビの置き換えが始まる可能性が出てきた。30型級PDPテレビの市場形成に成功している日立製作所に加え,ソニーが普及価格を打ち出して本格参入する見込みである。さらに松下電器産業が新ラインを稼働させて30〜50型級を増産し,パイオニアや東芝が製品群を拡充する。(25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:453文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > プラズマディスプレイ技術
【記事に登場する企業】
ソニー
東芝
パナソニック
日立製作所
update:19/09/26