日経コンピュータ 2001/10/08号

特集 構造改革,待ったなし! IT産業と情報シ 寄稿
「誠意を持って対応する」はリスク大
開発委託契約で後悔しないために

「誠意を持って対応する」。システム開発委託契約書によく見られる文言だが,以前と今では180度意味が異なる。ユーザー企業にとって,以前はリスク回避策だった。契約をあいまいにしておくことで,追加要求に無償で開発させることができた。だが今後は,契約書に明記しなかったことは要求できないという,リスクを負うことになる。(59〜62ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5345文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
札幌スパークル
update:19/09/24