日経SYSTEMS 2001/10号

特集 Part2●対策 24時間,369日稼働を実現する
様々な技術と手段を組み合わせて 許容ダウン・タイムを最適なコストで達成
Part2◎対策

Part2では,システム・ダウンに対抗する対策手段を解説する。様々な対策手段や技術があるが,許容ダウン・タイム別に見ていくのが理解しやすい。どんなシステムでも最低限すべき備えとして,監視,障害発見時の手順の策定,温度や電源などの稼働環境整備,ハードウエアの保守契約,バックアップなどがある。(116〜125ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12074文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 24時間,369日稼働を実現する(106〜107ページ掲載)
24時間,365日稼働を実現する
特集 総論 24時間,369日稼働を実現する(107〜109ページ掲載)
総論
特集 Part1●原因 24時間,369日稼働を実現する(110〜115ページ掲載)
システム構成要素のすべてが ダウンの原因になる
特集 Part2●対策 24時間,369日稼働を実現する(116〜125ページ掲載)
様々な技術と手段を組み合わせて 許容ダウン・タイムを最適なコストで達成
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム管理ソフト*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システムトラブル
【記事に登場する企業】
米IBM社
米iPlanet E-コマース・ソリューションズ社
エスブレイン
カブドットコム証券
コスモ石油
米コンパック・コンピューター社
サン・マイクロシステムズ
米シスコシステムズ社
米ストーンソフト社
東芝情報システム
米BEAシステムズ社
ビービーエレ・ドットコム
ピースマインド
米レゾネイト社
update:19/09/24