日経ホームビルダー 2001/11号

特集 性能表示は普及するか? 検証5「ユーザーに認知されていない?」
ユーザーに認知されていない?
検証5

 一般ユーザーには性能表示制度はほとんど認知されていない。マンションを中心に分譲住宅で実績が出てきているとはいえ、「評価住宅だから売れる」状況ではない。 国土交通省も、消費者の認知度が低いことは十分、承知している。そこで、住宅関係団体や住宅金融公庫などを通じたPR策を強化していく考えだ。(58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1160文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
国土交通省
住宅金融支援機構
update:19/09/27