日経コンピュータ 2001/10/22号

ニュースレポート
FOMAの業務利用が始まる 遠隔監視や保守作業に活用

 携帯電話で高速通信ができる「FOMAサービス」が正式にスタートしたのを受けて,業務に活用しようとする取り組みが,さまざまな企業で広がり始めた。モバイル環境でも簡単な操作で動画を送受信できるメリットを生かして,遠隔地から作業現場を監視したり保守作業に生かそうとする例が多い。 NTTドコモが10月1日に開始したFOMAサービスは,通信速度が最大384kビット/秒と速い。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1407文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > カメラ付き携帯電話**
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > カメラ付き携帯電話**
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
update:19/09/24